Word Camp Tokyo 2016 に参加したぷー!

西新宿で開催されたWord Pressのイベント、Word Camp Tokyo 2016 -夜明け- 1日めに行ってきました!

Word Camp Tokyo 2016 フォトスタンド

参加したセッションは
10:10-
CMS四天王への攻撃デモを通じて、WordPressの効果的な防御法を学ぼう

情報通信研究機構Webサイトへの不正なアクセスや日本テレビの侵入事件などの実際の事件、Drupageddonなどを例に出して、CMS四天王(スピーカーの徳丸先生曰く)のWordPress、Joomla!、Drupal、MovableTypeで構築したサイトを攻撃するというデモ。

内容的にはかなり難しかったですが、今まで言葉でしか見ていなかった『脆弱性』という言葉がデモを通じて実際見ることができたのは、非常に良かったです。

11:30-
夢を叶える WordPress にちょっこっと参加して、

各スポンサーブースを回り、ノベルティをいっぱいもらいました!笑

Word Camp Tokyo 2016 ノベルティ

mgnのブースにWord Camp参加へのきっかけとなった、Schooの『納得ボタン』でお馴染みのメガネ先生こと大串 肇先生がいらっしゃらなかったのは残念ですが、(LT大会の準備で忙しかったんでしょうね。)Schooの岩田先生がいらっしゃったので、ご挨拶させていただきました。

13:10-
テーマ作成のスキルアップにつなげよう WordPressサイト解体ショー

13:50-
ノンプログラマーのためのWordPressテーマ作成ステップアップ術

14:30-
Improving Theme Development / テーマ制作方法を改善しよう

14:50-
デザイナーが効率よくテーマ作成を進めるには?
デザインから WordPress のテーマ作成のワークフローを見直す

午後からのセッションはノンプログラマーよりのセッションが多く、理解もしやすかったです。ノンプログラマーと言ってもphpの話は出てくるのですが…

CSSを読み込む<?php bloginfo( $show ); ?>が非推奨であるとか、知ることができたし(書籍によって、この記述で書いている書籍があったり、functions.phpに記述している書籍があったりして迷っていました。)また、CSSのコードもこれはSMACCSだろうかとか考えながら聞くことができ、あらためてSMACCS、OOCSS、BEMについて勉強しようと思いました。

また、色々なところで耳にする煩雑な処理を自動化する「タスクランナー」と呼ばれる『Gulp』『Grunt』についても、もうそろそろ触ってみようと思っています。

15:30-
LT(ライトニングセッション)大会

  • 『Sublime Textの教科書』の執筆者がPhpStormを試してみたお話
  • 基本の WordPress コーディング規約
  • 本当に使えるテーマとはどのようなものかを考え続けた結果
  • 超初心者向け・オンライン勉強会のススメ

途中から参加したLT大会はスピーカー一人一人の持ち時間が5分という短い時間だった為、下記のセッションに参加しましたが、Word Pressのテーマ『Habakiri』の作者北島さんの話も最後までしっかり聞けなかったのが残念です。

『超初心者向け〜』の小杉さん、今月24日に超初心者向けの勉強会を開催されるとか、しかも開催場所がfacebookのMessenger上という、ものすごくゆる〜い感じで気になります!

16:10-
レスポンシブデザイン前提のWordPressの表示速度高速化の考え方

高速化大事!このサイトは気にしていませんが。笑
覚え書きとしてメモメモ。

世界標準のページ表示速度の基準は、

表示開始時間 0.5秒以内
表示完了時間 2秒以内
エラー率 3%未満

1ページあたり200KBを超えたら、
LTEでは物理的に3秒以内に配信はできない。

ということで、さまざまなことが学べ。次につながるきっかけが生まれたWord Campでした。

Word Camp Tokyo 2016 扇子

スタンプラリーで当たった扇子〜

Word Camp Tokyo 2016 に参加したぷー!」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。